souvenir

アクセスカウンタ

zoom RSS 500系新幹線に乗ってカンセンジャーと新幹線の博多車両基地を見に行こう!ツアー

<<   作成日時 : 2014/10/21 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

春にもあったこの即完ツアー、2度目の開催です。坊ちゃん3歳半のお誕生日をお祝いして行ってきました。

※参考カンセンジャーの説明(Wikipedia)

画像

















本来なら「旅行=温泉でゆったりと日頃の疲れを癒す」なんてのが四十路を越えたカラダには必要なのですが3歳半男児にはきっとそんなもの必要でもなんでもないし、部屋で大人しくするタイプでもないし、結局は息子のフラストレーションためるだけになるので旅行も息子仕様(笑)

画像


















義兄よりデジタル一眼レフを借りまして、平日と同じ時間に起床して眠い目をこすりながらも意気揚々と新大阪駅へ。

今回乗る500系やら700系やらひかりレールスターやらウン十年ぶりの新幹線ホームに誰よりもワタシが一番テンション上がっちゃって息子が「おかーーーちゃーーーーん!」と呼ぶ声も無視してシャッター切っててお父ちゃんにしれ〜〜〜っと見られる始末(笑)仕方ない元国鉄職員の娘ですからDNAがそうさせるんです

息子も徐々にテンションが上がってきてお決まりのおバカポーズを(笑)

ワタシの思惑では今回乗る500系と並んで写真撮ってもらいたかったのに最近たまにある「写真拒否」発動orz 何とか新幹線に乗る姿でも撮ろうとカメラ構えてたら「もう出発しちゃうよ〜!」と発車時刻を異常に気にして号泣(笑)ワケわかんないところで神経質が出ます(^^;;

画像


















「カンセンジャーと行く」と銘打ってるだけあって乗客を飽きさせないイベントがいっぱいです(おかげで前日半徹夜のお父ちゃん全く寝れず)

ニシタビトの車内アナウンスに始まってダークマインダー(敵)との小芝居に記念撮影タイム、車掌さんの帽子をかぶせてもらっての検札体験。ツアーについてくるお弁当もカンセンジャーのプリントされたお重です(最初は3個持って帰るつもりでしたが、かなりのかさばるので1個で泣く泣く断念(笑))

画像



















息子は「つばめ」が好きなのか、めったに生で見れないからか、停車した駅で隣につばめが止まってる時はガン見です。

普段なら博多駅に到着するところですが、こちらは団体専用の新幹線なのでツアーの目的地である博多車両基地に直接到着してくれます。洗車するところやら整備するところも通り過ぎ無事到着。めっちゃレア体験☆

この日は「鉄道の日」を記念して博多車両基地を無料開放して「新幹線ふれあいデー」なるものが行われております。なかなかの盛況っぷりです。

順路に従って歩くとまず目につくのが「シアワセを呼ぶ(?)新幹線」のドクターイエローの展示です。ベストポジションでドクターイエローと写真に収まるにも行列だったので横からこそこそ撮影(カメラの操作に慣れてない&取説未読のためめっちゃ光飛んでるしww)

私たちが通り抜けた洗車機は右下の写真。

画像


















ビルも開放してくれてるので車両基地に止まってる新幹線達がズラッと並ぶ姿も拝めます、壮観☆

ビルの中では模型が走ってたり新幹線の模型が飾ってあったり鉄ゴコロを掴んで離しません(笑)模型をず〜〜〜っと見てたかった息子ですが、ツアーのおまけであった「運転席体験」の時間になったんで強制的に移動。

乗ってきた500系の運転席に座らせてもらいました。こちらもまた「鉄分モリモリ」のお父ちゃん(コックピットとか好き)が「割とアナログな感じな運転席なんすね〜」なんて運転手さんとお話したり。息子も興味津々で触りまくりで楽しんでたようです。

500系には客席には子供が触れるように「運転席もどき」も置いてあってこちらも触らせていただきました。

あとは展示されてたWIN350の実物に息子テンション上がりまくり♪

ほかにもミニドクターイエローに乗れたり、新幹線と綱引きしたり、パンタグラフ上げ下げとかいろいろイベントもあったんですが、何しろ大きな規模のイベントなので待ち時間もハンパない。これに1つ1つ並んでたら息子も飽きるし他のところも回れないしで断念。

唯一緊急事故が起きた際に手作業で新幹線の先頭部分の接続を引き出す作業のデモンストレーションだけ見ることができました。

芝生の広場が休憩所になってたので大人は休憩、反して息子は走りまくりで他のお友達にちょっかいかけまくり(お母ちゃんヘコヘコ謝りまくりorz)

画像






















当初行くまでは「車両基地は3歳児の集中力を考えてせいぜい2、3時間、あとは博多駅周りで美味しいもんでも食べて」と予定してたんですが、会場を後にしたのはイベント終わり間近、しかも博多南駅までのシャトルバスの待ちが20分ほどあったんで徒歩でトボトボ移動。

博多南駅から博多駅までひかりレールスターに乗って移動です。遅っそい速度で通路に客が立ってる状態というおよそ新幹線ではあり得ない体験をして博多駅到着。

トイレ休憩のために入った博多阪急で息子がとうとう寝落ち・・そりゃ6時前から17時近くまで起きっぱなしでテンションあげあげで走り回ってりゃ落ちますわなww

やっと大人は本当の休憩(笑)喫茶でお茶して一息。

博多阪急の屋上は子供向けの施設が整備されてます。ミニ電車とか展望台とか、狭いところですが博多駅が見える部分があってここからたくさんの電車が行き来する・・・はず(時間的に電車が少なかったようでww)

博多は新幹線の駅からも近いし、飛行場も近いし(大阪とは比べ物にならない位近くで飛行機が見えました)とても便利な街です(もっと時間が欲しかった・・・屋台行きたかったorz)

この時点で17時過ぎ、集合は18時半(だったかな)「何一つ博多グルメを満喫していなし」ということに気づき「せめて本場のラーメンだけでも!」と立ち寄ったのが駅ビル内にある「博多一幸舎」さん。

「バリカタ」のラーメンの食券を購入し、席についたら「一幸舎、大阪進出!」なるチラシが。大阪ですと!?しかもJR大阪駅の桜橋口近くとな!?めっちゃ歩いて行けるやん(爆)

まぁ、まぁ気を取り直して。

見た目よりもあっさりとした豚骨ラーメンでサービスで出してくれた餃子も美味しかったです☆結局息子は博多駅に到着するまで起きずで何とか起きて撮ったのが唯一の写真。

ここからはN700系に乗って新大阪までビューーーーーーンと2時間半21時過ぎに新大阪到着だったかな。家に帰って22時頃。

とっても長い盛りだくさんの1日でした。翌日ヘロヘロでしたがレッドブル飲んでやりすごしました(笑)

こんなツアー、息子が鉄道に興味のあるこの年齢でしか着いて来てくれないだろと思い、思い切って行ってみたら息子もとっても喜んでくれたので行って良かったなあと(^^)

翌日保育園に「博多通りもん」を持って行くと普段お友達がよく旅行のお土産を渡してたのを見てたんでしょうねぇ、いざそれが自分の番になったのが嬉しかったようでお土産の箱を自ら袋からガサゴソと取り出して先生に「はい!」と渡したかと思うと他の先生にも「はい!」園長先生のテーブルに置いてみたり落ち着かない落ち着かない(笑)

楽しかったね、次どこ行こうか(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
天気も良く 盛り沢山で 大変だったねー
でも 賢太郎が❔ 親も 喜んで 良かったね(*^_^*)
お疲れ様でしたm(__)m
ちゃーちゃん
2014/10/21 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
500系新幹線に乗ってカンセンジャーと新幹線の博多車両基地を見に行こう!ツアー souvenir/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる