souvenir

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「DEMONLOVER」

<<   作成日時 : 2005/05/25 01:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

えっ!?今頃かいっっ!ってゆー関東地方の南朋さんファンの皆様(笑)関西ではゴールデンウィーク明けの週から公開だったのですよ(にしても遅いけどさ)
神戸での公開は先週で終わってしまったので大阪の第七藝術劇場というところのレイトショーに行ってきました。

8時20分からの上映だったのでまずは腹ごしらえとして十三に来たなら食った方がいいっっ!!とオススメの「やまもと」で「スジねぎ焼き」と「帆立ねぎ焼き」と「焼きそば」を半分ずつ食べました。そもそもここは「スジねぎ焼き」が有名やねんけど焼きそばも十分美味しかったっす。帆立ねぎ焼きは美味しかったけどスジねぎ焼きの方が私は好みかな。

んで、まだ時間があるってゆーので第七藝術劇場と同じ階にあるボーリング場で3ゲームほどをこなして(明日がコワイ・・・(苦笑))いざ劇場へ。

映画はまず終わってからの感想が「よくわからん・・・(^^ゞ」ってのが正直なところでした。んで、連合いと近くのミスドに寄って復習してちょっと理解できてきましたが(笑)

ここは「大森南朋ファンブログ」ですからね(笑)南朋さんの感想おば・・・
3、4年前になるのかしらねぇ、実際撮影したのは。南朋さん細っ!若っ!カワイイっ!
髪の毛もサッパリ短いからすごくサワヤカ青年♪しかしやってんのはエロアニメ会社(笑)2時間の上映時間のうち出演時間としてはすごく少ないんやけどすごく「ええ感じ」でしたわ(ファンの欲目か!?いやいやそんな事はないっす!)南朋さんタッパもあるからおフランス人の俳優さんと並んでクラブみたいな所に行くシーンとか会社で業務説明してる時とかも全然存在感で負けてないもんね〜〜〜〜!!一言だけ英語喋るシーンがあるんだけど「それは別にあえて英語喋らさなくても良かったんちゃうかなぁ」と思ったりしました(通訳おるんやし)

しかし、この映画、見終わったら何だか「周りの人が一瞬信じられんくなってしまいそう」な気分になったりしますな(苦笑)だって映画全編が「騙し騙され」でしょ〜〜。結局は主役の人以外の人達は「デーモンラバー」社に雇われてるスパイって事ですよね(自分もライバル社のスパイであるんだが)んで、結局ディアーヌは「デーモンラバー社」の人達に捕らえられて拷問サイトの登場人物になってしまう。これについて連合い曰く「やっぱりフランスってのはアメリカが嫌いなんや!」と断言しておりました(笑)彼的解釈として「最終的に悪役はアメリカやったやん」みたいっす。見られた皆様はどー思われます??

日本へ商談しにきたシーンでは「あぁ、外国人ってこんな風に日本を見てるんだなぁ」ってのがすごく感じられましたねぇ。「日本といえば渋谷」って感じやし。クラブとかかなり「サイバーシティ」的に描かれてましたねぇ。そんな日本私はお目にかかった事無いんやけど(笑)邦画で見る日本とは随分違うなぁ・・って。

あと分かんなかったのは「何でエルヴェを殺さなくてはいけなかったんだろう?」って。
お互い好き合ってたんですよねぇ。味方のふりしてエルヴェがデーモンラバー社の人間だったから?わっかんないなぁ〜〜(連合い曰く「勢いちゃうん」だそーですが。こらこら(^^ゞ)

それと、映画の後半は「デーモンラバー社」と「マンガトロニクス社」の争いでしたが、最終的に「東京アニメ社」の買収はどーなったんでしょうか?実はこれ、本編の流れとしてはそんなに重要じゃなかったのかしら?

と、いろいろ疑問を残しつつ。やっぱり飛行機はビジネスクラスがええなぁ・・・と(笑)乗ってみてぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「DEMONLOVER」 souvenir/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる