「クライマーズハイ」前編

予想では「日航機墜落」のニュースを中心とした話かと思ってて「リアルタイムで知ってる辛いニュースだっただけに見るのキツイかなぁ・・・」と思ってたのですが日航機のニュースはもちろん全編流れてるのですが一新聞社のお話って感じがしました。かなり熱めのドラマでしたね。

それぞれの立場での苦悩とかそーゆーのを表現した感じとでもいいましょうか。それらの板挟みで苦しむ主役の佐藤浩市さん。南朋さん(エンドロールでも2番手で流れてましたねぇ)は若手の記者さん役でした。髪型は「ちょっとあり得へん(^^;」な横分けでございました(当時の時代背景からあの髪型をチョイスしたんでしょうけど、あんなん当時おらんかったし~~~(苦笑))しかも着替えたのが白いパンタロンみたいなズボンも・・・(^^;

現場での惨状を伝えたい一心で記事を書くのですが上役からの圧力で報われなくって・・・さぁ来週どうなる?って感じでしょうかねぇ。
南朋さんと一緒に行動してた役の人、確か新井浩文さんですよね?ものすごい眼力ですよね、すげーインパクト。彼も来週どーなるんでしょうか?

さすがに今週のは前編だけあって全体的に「さぁ来週どーなる?」的な感じであったような気がします。ここからの感想は来週見てからになりそうですな。

このドラマ、テレビだとあんましメジャーじゃないけど、かなりのクセ者役者さんが出まくってますなぁ。岸辺一徳さんの普段のCMじゃ見せない嫌みな感じもものすごく良かったっす!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kanon
2005年12月11日 14:39
まっくさま 本当にありがとうございました!
しっかり録画できていて、ばっちり見ることができました!
なおちゃんは。。。でも、相変わらず佐藤浩市さんはいいですね!
それに、光石さんや重松さんや端役もすばらしい!
地方の新聞社っていろいろあるから、一般の新聞社に比べると気の毒で。。
そうそう、岸辺一徳さん良かった!!! 上手いのはそってましたけど惚れ直しましたよ!
それと、新井君ちらっと見たとき「新井君?似てる?」と思ってたけど、台詞言ってやっと分かった次第!
「ゲルマニウムの夜」の舞台挨拶やレッドカーペットで見たけど、めちゃかっこよかったけど、このドラマではなおちゃんの方が3倍(?)かっこよく見えました。
「ゲルマニウムの夜」は6月まで公開されます。それを見るためだけに東京に来るのは大変かもしれませんが、日帰り(きついけど。。。)なんかでも大丈夫かと。。。検討してくださいね(^^)
ぽんた
2005年12月11日 21:18
おふたりとも、もう見たんですね。私は録画したけど、まだ見てないんですよ。  う~今夜見よ~っと!!
でもコメント見ただけで、ワクワクしてきましたわん♪
特に南朋さんの、あり得へん髪型と白いパンタロン(爆)
それに芸達者さんたちも!
ぽんた
2005年12月13日 21:37
見ましたぁ~。南朋さんのいでたちを事前に仕入れてたので、しっかり苦笑させて頂きました(笑)
それにしてもホントにすんごい濃い出演者たちですね。う~む、一徳さんの焼肉屋での迫力には驚きましたよぉ。松重さんや光石さんも、いい味出してますよねぇ。なかなか見ていて力の入る作品だったから、見終った後、思わず“ふ~っ”と声がもれてしまいました☆来週が楽しみです♪
まっく
2005年12月14日 01:23
kanonさま>良かったぁ~~♪無事に見れたのですね(^^)ホントこのドラマは脇を固める役者さん達の迫力がものすごくって、トレンディな感じの若手が全然目立たないもの。「ゲルマニウムの夜」6月までなのですね、そのへんやったら少しは落ち着いてるかしら、ちょっと東京旅行兼ねて遠征考えてみようかしら♪
ぽんたさま>すんません、ヘンな情報を・・・(^^;でもでもたとえ20年前の時代設定だとしても「あれはねーだろ~~(苦笑)」って感じでしょ~~。ホントすごい迫力あるキャストで「NHKよくやった!!!」と褒めてやりたい感じですわ(笑)来週どーなるんですかね~~、楽しみ(^^)

この記事へのトラックバック

  • 裏オールスターキャスト「クライマーズ・ハイ」

    Excerpt: 良いドラマってのは立て続けに来るもんだ(^^;) 凄かったねえ、NHK「クライマーズ・ハイ」。 原作本がベストセラーなのは知ってたし、 昭和史好きとしては、日航ジャンボ機墜落事故は大変興味あ.. Weblog: 名無しの芸能観察記 racked: 2005-12-11 22:22
  • クライマーズ・ハイ/横山秀夫

    Excerpt: 何のために山を登るのか、という悠木の問いに、安西は「おりるためさ」と答えた。その意味を追い求め、地元紙記者の悠木は、御巣鷹山の航空機墜落事故の全権デスクという立場の中で苦悶します。 人の人生には.. Weblog: 文学な?ブログ racked: 2006-07-08 14:29