映画「蟲師」初日舞台挨拶に行ってきました。

私は大阪での19時からの回に行ってきました♪

16時の回に行ってはった姐さんの報告メールによると
「帽子の二人。無口やから笑える」とのこと。

そーか、そーか。やらされ仕事なわけですな(苦笑)

まぁ喋ってくれなくても愛想が悪くてもわざわざ大阪くんだりまで来てくれるんだし
めでたいことに私はE列(すなわち前から5列目、しかもど真ん中でした♪)なので
南朋さんのお姿をこの目に焼き付けて帰ろうとトークにはそんなに期待せずに参加(笑)

まさかのためにこっそりデジカメを隠して持参。

しかしながら司会のおねー様から「一切撮影はシャットアウト」とのこと。
これはオダジョー側の意向か!?(ちっ)

そして登場!!

まずは主役のオダジョーから
服装は私の記憶するところから「お洒落な寅さん」って感じかしら(爆)
だって細っそい裾の短いズボンに裸足靴だったんですもの。
丸首のシャツにジャケット羽織って山高帽(だったはず)なんだもん。寅さんじゃん(笑)

そして!そしてお待ちかねの大森南朋さんです!!!

こちらも「えらリラックス」ないでたちで(笑)
「お洒落な救助活動」ってj感じかしら、黒のツナギに茶色のごっついブーツで(土曜日は雨降りで足下が悪かったからか(笑))
帽子は・・・何色だったっけか??白だったかな。目深にかぶってたのでおデコ辺りまでは
がっちりホールドされておりました。(別に南朋さんのおデコが危険なわけじゃないだろーけど)

やっぱり「小顔だわぁ~~♪」
しかも腰が腰がキュキュ~~~ッッとしまってるし腰の位置は高いし♪

5列目から熱烈な視線を送っているのに南朋さんの目線は私のかな~~り上空でちょっぴり悲しかったり(南朋さん私はここよっっ!!)

どうも司会のおねーさんの「コテコテ京都弁」がおもしろかったのかオダジョーが「~してくれはりまして」って語尾に無理矢理くっつけようとして会場の笑いを誘っておりましたが
オダジョーって岡山出身ちゃうかったっけ?? 岡山って思いっきり「関西弁エリア」だよねぇ?洋八師匠だって思いっきり関西弁やし。喋ろうと思ったら「コテコテ関西弁」喋れるんちゃうん!?

トークしてる時はオダジョーは思いっきり「ワールド」を形成してはる人で私的にはちょいと「受け付けないタイプ」なんだけど南朋さんは思いっきり普通の人だよなぁ~~って。

一方、南朋さんはドラマとかであれだけ「せくしぃオーラ出しまくってるのに普通に立って喋ってると「そこいらのあんちゃん」って感じで。
そこがテレビでの姿しか見たことのない私にとってさらに好感度なわけで(^^)
めっちゃ南朋さんと「呑み友達」になりたいよぉ~~って(爆)

オダジョーのワールド炸裂のトークに横を向いて「うぷぷぷっ」って笑う姿はとってもキュートでしたよ♪

16時での回であまり喋らなかった反省(?)だったからかけっこう19時の回は喋ってくれてたよーな。
でも私は「映画の舞台挨拶」ってのには初めての参加だったので他のがどれくらいサービストークが繰り広げられてるのかがわからないのですが。

他の舞台挨拶でも言ってるのかわかんないけど
南朋さんから見たオダジョーの感想は「とてもキレイで・・・ ある場面で僕が胸キュンしたところがあります(笑)」と言ってました。ヒントはたき火だそうですのでこれから「蟲師」見に行きはる人が居てたらたき火のシーンの南朋さんの胸キュン顔に胸キュンしちゃってくださいまし。

そして19時の回は舞台挨拶の後に映画上映です。

・・・なのにバラバラと席を離れる人が・・・
いやぁ~~、気持ちは分かりますがちょいとそれは出演してはる人にも映画会社の人にも失礼なんじゃないかと・・・・

映画の内容は・・・

実は「よぉワカラン」ってのが正直な感想です。何しろ原作も読まずにな~~んの予備知識を持たずに行ったもので、最初の方の南朋さんが登場する前のヨキが銀髪になるまでのくだりはかなりウトウト・・・・でした。

そんな私みたいな予備知識のない人にも分かってもらうべく「説明セリフ」もかなりあったので「渡鬼の橋田壽賀子かいっ!」とツッコミ入れたくなってくるよーな(おっと、失礼(^^;)

オダジョーももうちょっと滑舌良く喋ってくんないとセリフの単語が難しいだけに分かんない所も多かったです(ToT)←そんな喋り方がオダジョーの魅力のひとつなのかしら?

そんな蟲の話ばっかりしてる登場人物の中で南朋さんは一服の清涼剤ってーか、唯一「普通の人」の役で重い登場人物の中ほんと軽~~い感じでホッとさせてくれます。
李麗仙さんとのやりとりは映画の中でほんと「ホッ」とさせてくれる1シーンです。

舞台挨拶での南朋さんの「ちょっと分かりにく話かもしれませんが・・・」と言ってたのが知識の無い人間にとっては納得でした(^^; 原作ファンの方々&大友カントクのファンの方々すんません、そんなもんだって素人は。

とにかく2年前くらいに本多劇場で見て以来の「生・大森南朋さん」でした。当分その姿を思い出してはニヤニヤする日々が続くかとは思われます(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぐーぐー
2007年03月27日 09:33
そうよなあ・・・。ありゃわからんわなあ。ファンのワタシでもわからんとこ満載でしたわ(笑)。でも舞台挨拶付だったら、ソンはしてないな、と思ひました。16時の回の模様もアップしましたのでよかったらどんぞ。南朋さん、ほんっといい人オーラ出てたなあ。↑ところで、ちみ、本多もいったんかいな?聞いてないーで?(←意地悪姐)
まっく
2007年03月28日 02:20
姐さん>ヤバいっすよ、全然わかんないっすよ(^^; 良かったぁ、姐さんも分かんないで(笑)自分の理解力がこんなにも無いものかと思ってたもので。姐さんのブログも読みましたよ、「うんうん、わかるわかる」って感じです。蒼井優ちゃんかわいかったっすね~~♪「透明感丸出し」って感じでした。
そうそう、あたし本多行ったですよ、言わんかったでしたっけ?結婚前で連合いの許可も得ずに勝手にチケット取って(笑)そしたらヤツも「東京行く」ってことになって一緒に行ったんだけど舞台の日はまったくもって別行動(やばいっしょ、こんなカップル(笑))岩松了さんの「隣りの男」に行ってきたのですよ、いやぁ~~素敵やったぁ、何でDVDならへんのやろう??

この記事へのトラックバック