「傷だらけの男たち」

行ってきました! 金城武ファンとしては行くでしょう!
お客さんのほぼ100パー女の人(笑)ま、トニー・レオンと金城武のW主演じゃそーなってもしゃーないですわな。

公式サイト

まず全体的な感想ってーか、ブーイング(苦笑)

「エンドロールが流れてる時の浜崎あゆみ歌全く不要~~~っっ!!」

もうね、もうね、映画の最初にドドーンと「えいべっくすぅ~~(=avex)」とロゴが出てくる何らかの圧力でねじ込まれた浜崎あゆみの歌以外の何者でもないし。

劇中歌は全編重々しい男声のものだったのに、いきなり最後だけあのカン高い声で歌われると映画の世界はブチ壊すし、何しろ「香港映画」なのに日本語の歌詞ってのはせっかくの香港テイストを一気に壊してくれちゃうし。
香港とかだとあの曲を原語でカバーしてるんだよねぇ、いっそ日本でもその方が良かったんでは・・・と思わずにはいられませ~~ん(プンスカ)

映画の感想ですが、とってもとっても哀しい映画です。
最初からチンヘイ(=トニー・レオン)が妻スクツァンの父親を殺した犯人だってのは分かっていてそれを「いかにしてそういう行動になったのか」という理由をかつてのチンヘイの部下で今は私立探偵になっているポン(=金城武)がひも解いていくってのがおおざっぱなストーリーです。

しっかし、男前のヒール役ってのはものすごい迫力です。キレイな顔なだけに残酷なことをしたり、その際のとても冷たい目はゾッとするほど恐ろしいやら美しいやらです。
パンフレットによると「トニー・レオン初の悪役」となっているようですが「アテ書き」ちゃうの!?と思わせるほどハマってたように思えます。

お目当て金城武演じるポンも過去に恋人を自殺で失ってからアルコール依存症になって立ち直れずにいるという姿もとても良かったです。事件を調べていくうちにどんどんよき理解者であったかつての上司のいろんな事を知ることになって苦悩する姿とか。何だかいつもと違う武にクラックラでした♪♪

一緒に映画に行った姐さんと言ってたのは「最後のシーンでフォンとお酒を飲むシーンの武の笑顔で救われた」ということです。優しく笑う姿に「武フリーク何年目か」のウチらは萌え萌えでございました(笑)

私は一応「ヒトヅマ」なるものなので、あんな風に結局利用されるように結婚されて、挙げ句の果てには自分も犠牲になってしまうスクツァンにはとても感情移入してしまいました。
確かにチンレイもスクツァンの父親によって哀し過ぎる人生を歩んできたのかもしれない、スクツァンの父親に復讐することだけに生きてきたことも仕方がないっちゃー仕方がないのかもしれないけど、あんな風に笑顔で接しられてるダンナが自分に何の感情も無いってのはとても辛いことだなぁ~~って思いました。

どうやらこの映画もハリウッドでリメイクするらしいけど(よっぽどネタ不足なのね、ハリウッドったら(汗))そして、どっちかの役をするのがディカプリオらしいけど・・・・
う~~~ん・・・・どうだろう? あの丸顔には冷酷な犯罪者も酒浸りの私立探偵も似合わない気がするんだけどなぁ・・・ハリウッド映画にゃあ、まったく興味ないんだけど映画が完成したら比較のために行ってみるかなぁ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

モモさん
2007年07月11日 17:54
ほんと哀しい映画でしたね。
最後の武の子犬のような笑顔がなければ、かなりどんよりした気分で
帰宅していたと思います。(笑)
いやいや、やっぱり素敵でした。(。→∀←。)
お茶しながら萌え萌えトークしてた我々はかなり痛かったかも。(笑)
ハリウッド版もディカプリオ(丸顔)がどの役をやるのかほんと気になりますね。好奇心で見に行ってみますか??(笑)
まっく
2007年07月11日 22:32
モモ姐さん>ほんと最後のシーンの武のキュートな笑顔に「きゅ~~~ん」とヤラれてしまいましたよね。妄想暴走トーク楽しかったです(笑)
ディカプリオ、行っちゃいますかぁ~~(^^)
ぐーぐー
2007年07月13日 11:00
金城武はリターナー以来観て無いなあ・・・。ごめん。
笑顔萌えしている二人が想像できて笑えます。
トニー・レオンや金城武のような濃いけどシャッキリスッキリ系男前の役をなんであの「父ちゃん坊や」がハリウッドでリメイクすんのかね?理解不能。
あ、こないだ言ってた金城くんが代役になったのはコレじゃなくて、次回のジョンウーの新作三国志モノだったわ。諸葛孔明役なんだよ。男前すぎうやん!降りちゃった人こそトニーレオンさまです。
でも結局トニーはチョウユンファのこれまた代役でこの映画に出ることになったんだけどさ。わけわかんねーな。(長文ごめん)
まっく
2007年07月16日 16:36
ぐーぐー姐さん>モモ姐さんと「誰の代役だったんだろう?」って悩んでたんで解決できてよかったですわ(^^)そーか、そーか諸葛孔明を武がするんすか!?それはそれは萌え萌え満載じゃないですかっ!!今からノーズブラッドものですわん♪
リターナーの武ももちろんステキでございましたわ。歳くっていくごとに色気が増してる武もタマランですぅ~~

この記事へのトラックバック