阪神百貨店うめだ本店「イタリアフェア」

ここんとこ物産展づいておりまして毎週が浮かれまくりのワタクシでございます。

そして今日行ってきたのが阪神百貨店梅田本店イタリアフェアであります。

イタリアフェアは他の国内の物産展よりも食べ物じゃないものの比率が高いです。イタリアの洋服とかアクセサリー(カメオとか)とか、イタリアならではのかわいいキッチン用品などもあります。今回は北イタリア中心なんだそうです。

もちろん食べ物も出店しております。イタリアはワインも有名なのでワインの試飲会場はかなりの盛況っぷりです、ここぞとばかりみんな飲みまくっております(笑)
あとイタリア料理の食材も普段なかなかスーパーではお目にかかれないトマトソースだの(その種類だけでもかなりあります)パスタだのチーズだのとかなり心惹かれるものがあります。

その中で今回購入したのはイタリアの秋の風物詩「焼き栗」であります。
現地では「MARRONE(マローネ)」と言ってこんな感じで売ってます。
画像












今回出店してるのはイタリア直輸入の焼き栗なんだそうです。
HPによると煎った栗を冷凍して輸出してるみたいです。お店ではそれをホットプレートで空煎りしてました。輸入元Merca Trading inc.(有限会社メルカトレーディング)

そして焼き栗です。
画像

















画像

















このような袋に入れてくれます。
この袋は上下綴じてない筒状で2つ折りにすると「つながった2つの袋」状態になります。
片方に栗が入っていてもう1つの袋にはゴミを入れるようになってます。
簡単なつくりなのになかなかよくできた袋であります。

そしてこれがチラシ
画像
















日本の栗よりも皮が薄いんだそうです。
うんうん、確かにそーかもしれない、煎ったら皮がはじけてるもん。かなり簡単にパリパリと皮をむく事ができます、手も汚れません。
チラシにも書いてあるように日本の栗よりも身が柔らかいです。そしてかなり甘みが強いです(煎ってるから余計にそう感じるのかな)

写真を撮ったものの、現地のワゴンでは買う事ができなかったマローネ、レストランでできたてを頂いた時は満腹なのにもかかわらずバリバリを食べまくったほど美味しかったのを思い出しました。

嗚呼、またイタリアに行きたいよ~~~~!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

にゃんこ
2007年10月12日 08:39
焼き栗、イタリアに行った時見ました。確か。
地下鉄に降りる階段の横とか、歩道で普通に売ってた。
食べた。。。ような気がするわ。10年以上前のことなので記憶があいまい(笑)
栗と食べた後のゴミを同時に入れることができる袋はよく考えられてるなぁ。
ぐーぐー
2007年10月12日 12:39
にゃンこ先生、たぶんいっしょに食ったんじゃないかしら?10年前なら。
あれおんなじようなのパリでも売ってるね。おととし買って食べた。
でもおフランスの人々は、その包み紙(新聞紙)やら皮はそのまま道路にほかしてます…。あかんやん!
ヨーロッパの栗は日本の甘栗より水分が少なくて、ほこほこしてるよね。
モモさん
2007年10月12日 12:41
天津甘栗は皮が剥き難いからあまり食べないんだけど
この焼き栗なら簡単に食べれそうですな。食べてみたいぞ。☆
イタリアフェアでもワイン試飲アリですか!
やっぱ買う前に飲めるのは最高ですよね。
まっく
2007年10月13日 18:35
にゃんこ先生>秋頃(ちょうど今頃ですな)のイタリアで私もかなり頻繁に栗売りさんの姿を見ましたよ、去年行ったんですがまた今年も行きたいですわ。あの袋はおそらく販売元の会社のオリジナルかとは思うのですが、単純なつくりながら「なかなか考えてはるなぁ~~」って感心しましたわ。
ぐーぐー姐さん>にゃんこ先生と一緒に行きはったのですね。10年前ですかぁ~~。でもイタリアなら建物とかそーゆーのは10年ではあんまし変わらないのかしら。パリでも売ってるのですね、なんだかこの栗はマロングラッセの材料とかにもなる柔らかい質の栗らしいですよ(HPより)
モモ姐さん>甘栗はプラスティックの栗むくやつでむいてめっちゃ食べますよ。でも2人暮らしになってからあんまし買わなくなったなぁ(ああ食べたい)
イタリアフェアのワイン試飲会場は連合いもビックリの「女の人多いなぁ~~」でしたよ。ここぞ!とばかりに試飲しまくってる女性がたくさんおられました(爆)姐さんもぜひぜひ。

この記事へのトラックバック