山崎まさよし”Walkin’ in my shoes”Tour 2009@グランキューブ大阪

行ってまいりました。
ファンクラブに入ってる姐さんのお陰でな~~んの苦労もせずにチケットゲットです(いつもありがとーございます♪)

客層はほっとんどが妙齢の女性たち、しかしながらファンの年齢層も上がってるんでしょうか、今までほど黄色い「まさや~~ん」という声援が少なかったような気がします。

今回もゲンタさんとキタローさんと山ちゃんのトリオ編成です。

アルバムを買ったのは買ったのですが、何しろ2、3回ほどしか聞いて行かなかったので完全なる予習不足(苦笑)しかしながらタイアップ曲の多いアルバムだったので「どっかしら聞いたことのある曲」というのが多くて助かりました、ほほほ。

本人もMCで言ってましたが「この季節(7月3日)に「Heart of Winter」を歌うというこの勇気(笑)」めっちゃ暑いこの時期に冬バリバリの歌を歌うというところにツアーの長期戦を物語ります。

天気が悪く席がCブロックで1階の後方だったので山ちゃんの徐々に盛り上がるくせ毛も超絶ギターテクも肉眼では確認できませんでしたがギターKIDS的には要チェックなんでしょ~なぁ。
あとキタローさん(だったよね、ベースの人は)、彼はベースを弾きながら足踏みしたり、ジャンプしたり、すんごい身体能力です!

何の曲だったか照明で「2」だの「5」だの「6」だのって数字が出てたのがあったんだけど、あれって何か意味があったんでしょうか?? どーも何度も表示される「2」「5」「6」を「松本(匡)」「河野」「篠塚」って連想してしまうワタシってば(笑)

このネタに反応できる人って確実35歳以上だろーなぁ(苦笑)

18時半開演だったんですけど、終演が21時半近く、かな~~りサービス満点のライブでございました。
何しろアンコールが長いこと長いこと。1部、2部ってくらいにサービス満点アンコールでした。

最後の最後まで「ライブ恒例早口ことば」が出なかったので「とうとうしないのかっ!?」「まぁなぁ~、毎度毎度やし、そろそろ止め時かな~」なんて気にしながら曲を聞いてたのですが、どーもラスト1曲まで早口ことば無し、やはり自分的には消化不良・・・と思ってたら大トリに「パンを焼く」が!やはりこの曲が無かったら山ちゃんのライブに行った甲斐がないってのを改めて感じましたなぁ。

MCもサービス満点で楽しいライブでした♪


PS:ライブレポの時の恒例のお願いですが、セットリスト把握してはる人が居てたらお願いいたしま~~すm(__)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック