ヨーロッパ企画 第28回公演「曲がれ!スプーン」@ABCホール

ヨーロッパ企画を見に行ってきました。

何年か前にあった「冬のユリゲラー」というお芝居を本広カントクが「曲がれ!スプーン」というタイトルで映画化したということで再演ということになったのでしょうか。

映画にも興味はあったのですが主題歌が最悪だったので謹んで遠慮させていただき今回の舞台に至ったわけです(ご一緒した方々によると「別に映画は・・・」という意見でしたが(苦笑))

HPによると映画版では長澤まさみちゃん主演なのでAD役の桜井米(ヨネ)ちゃんという役柄が話の中心だったのですが、舞台ではエスパーたちが中心でした。

映画のあらすじやYahoo!のレビューなんかを読んでるとコッチの方が良さそうな設定の気がします。

クリスマスイブ。町外れの、うら寂れた喫茶店『カフェ・ド・念力』。
集まってきたのは、各種様々な超能力を持ったエスパーたち。今夜はここで、秘密の「エスパーパーティ」が開かれようとしている。普段は能力を隠して暮らしている彼らが、初めてその“力”を、仲間同士で披露しあうのだ。
呼びかけ人であるマスターが、少し席を外している間、痩せた男・神田が店に迷い込む。仲間が来たと勘違いしたエスパーたちは、彼をパーティの輪に招き入れる。しかし、やがて神田はエスパーではないことが判明。自分達の秘密を口外されたくないエスパーたちは、あれやこれやと策を練ることに。ところがそこへ、超常現象番組のAD・桜井が、神田を取材にやってきて…。

雪は降る、
スプーンは、曲がらない。

今冬、映画化にもなった注目の舞台。
ヨーロッパ企画が念力とともに送る、サイキックコメディ


というあらすじでご理解いただけますでしょうか。

この辺読んでもらえるとさらに内容が分かりやすいかと。


結構おもしろかったです。けっこう笑わせていただきました。

今まで見たヨーロッパ企画の舞台の中で一番テンション高かったんじゃないかしら。

オープニングのシーンのコーヒーカップが浮かぶシーンのショボさに「おっ、これは茶番か!?」と心配してましたがストーリーが進んでいくにつれて話に引き込まれていきました。

エンディングシーンでも最近見た映画「ゴールデンスランバー」の時のような謎解きが解けていくような気持ち良さも感じられました。
あんな終わり方好きかもです。

永野くん演じる細男もおもろいです。今回の永野くん良かったです。彼はヘタレな役がとてもよく似合う気がします(笑)
あと自分では能力の加減がつかないサイコキネシスの諏訪くんとかもおもろかったです。
透視能力の中川くんのイジられ方も良かったです(映画でもこの役だったのね)

だいぶ前の芝居後のトークだったかどこかネットで拾った文章で読んだか忘れましたが脚本の上田くんは「役者のキャラクターに合わせて役柄をアテ書きする」みたいなことを言ってたような気がします。
確かに今回も役者にキャラクターが合ってたような気がします。(前の再演だと土佐くんが細男だったらしいのですが私的には永野くんの方が合ってるかも・・・と思います)

今回の公演もチケット完売したようですし、いろんな所で上田誠の名前も聞きますし、どんどんヨーロッパ企画がメジャーになってチケット料金が上がったり、取りにくくなってしまうことが無いように願うのみです。

次回は8月くらいに新作の公演があるようですので、それもまた楽しみです♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nomno1
2010年03月07日 12:15
ヨーロッパ企画にハズレなし!!

オレは土佐の細男のほうが好きやったかな、
あんまりメジャーになってほしくないね
前回再演の「冬のユリゲラー」くらいまではたしかまだ¥2500やったのに・・・

次回公演は月曜日が入ってないので残念ながら行けそうにないです
まっく
2010年03月08日 07:50
nomno1さん>お久しぶりです~~!!お元気そうですね~~♪
永野くんの細男は土下座っぷりやらビンタのされっぷりやらがかなりハマってて(笑)細いから土佐くんのも見てみたかったかも(多分「冬のユリゲラー」の次の公演が私のヨーロッパ企画デビューやったはずなんですよ)
確かに舞台を月曜に行くってあんまし無いかもですね(涙)しかしながらワタクシ、本日はラーメンズ小林賢太郎のソロコントライブに行ってまいります♪
nomno1
2010年03月08日 14:59
いいねぇ、遊んでるねぇ。

この記事へのトラックバック