スガシカオ FUNKASTiC SUMMER 2010@グランキューブ大阪

画像






















今だ興奮冷めやらずです、いやぁ~~、楽しかった楽しかった♪

今回は予習バッチリとまではいきませんが、そこそこ聞いていたので曲も分かったし(笑)

セットリストに関してはシカオちゃんから「口外禁止令」が出てるので今回は感想のみということで。

席について友人と落ち合って友人曰く「シカオちゃんえらいことになってんで(笑)」ということに「??」なワタシ。
入場した際に渡されたフライヤーの中にあったツアーグッズのデザインがものすごく「アメコミ調」とでも言うんでしょうか、すごい事になっております。

友人と「シカオちゃんってこんな人やったっけ??最初はライブとか人前に出ることすら嫌な人やったハズやのになぁ(笑)」と時の流れを感じたりしておりました。

前の「東大阪のリチャードクレイダーマンこと森さん」の居てた頃も凄腕ミュージシャンの大人な演奏ももちろんいいんですけど、今のFUNK FIREからのメンバーになってからの「やんちゃぶり」もとても楽しいのです、アラフォーのChoo Choo TRAINとか(爆)

あいかわらず竜太さんのベース弾く姿はエロイっす、萌え萌えっす。

かなり下手とはいえ、なかなかいい席だったんですけど何せホールの椅子席だからシカオちゃんまでは遠く、毎回の要重点チェックポイントの「シカオの筋&血管」が見えなかったのが残念無念です(←あほ)

MCでは「気まぐれで来たり来なかったり」と言ってたMummy-Dさんも来てくれて心配してた「ドキュメント2010」もバッチリ聞けたし、前回はシカオちゃんのパートのみだった「はじまりの日」も全編聞けたし満足満足♪

「雨上がりの空に」では前列に居てたカップルの女の子が彼氏に自分の両肘から手のひらにかけてピッタリくっつけたポーズで「あ♪あの映画の曲だよね」的なアピールをしてて「おぉ、おぉ、カワイイのぉ~~」とすっかりオッサン気分でそんな2人の姿をニヤニヤしながら眺める私が居てたり。

「月とナイフ」ではすっかり歌を台無しにするハプニングがあったり、歌い直してる時は何とか持ち直してたようですが、切ないとかそーゆー気分なくグダグダなバラードコーナーが逆にシカオちゃんっぽくっておもしろかったり

怒濤のファンクコーナーではもー、ねー、いいね、ただひたすらに「楽しい~~~っっ!!」

「奇跡」では前奏の後にシカオちゃんが「跳べーーーーーーーっっっ!!」ってお客さんを煽るんだけど四十路前としては半月板とふくらはぎが心配になるのでそれは遠慮しておきましたが「SPRIT~奇跡~午後パレ」という流れ(だったかな)の怒濤っぷりは上がるね、すんごく気分が上がります。

友人曰く「甘い果実久しぶりちゃう~~ん」って言ってて、確かにそうかもしれない、最近はライブハウスでブリブリアゲアゲファンクナンバーが多いのでこーゆー「変態ソング」が無かったかもしれない。
いつもこの曲好きだけど、昨日のライブでの「甘い果実」すんごく変態度が高くてめっさかっこ良かったです。

最近「サヨナラホームラン」と「コノユビトマレ」にじ~~んとさせられるんですよ。ここんとこの流行の曲にあるような「君を守る」とか「一緒に行ける」とかそんな軽いモンじゃなくってさぁ、悩んでる人に寄り添って見つめてくれてる優しさとか、現状を打破できない気分の背中を少しだけ押し出してくれる感じ。

よくシカオちゃんは歌詞をさらさらっと書いちゃう的な事を見聞きしたりするんですけど、この歌詞におけるシカオちゃんの優しさとかそーゆーのすごく大好きです。
これが13年ファンを止めれないことなのかしら。

MCでは日本の音楽の将来を危惧する話をしてました。確かにそう思います。

なんかライブの話じゃなくなってきちゃったなぁ(苦笑)

とにかく、シカオちゃんのライブは楽しいのです、今後15年、20年と時を経てもついていきます!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック