Team申 第4回公演「抜け穴の会議室~Room No.002~」

「Room No.002」ということはNo.001もあったわけで(タイトルにNo.001はありませんが)前回は仲村トオルさんとの2人芝居だった佐々木蔵之介さんの演劇ユニット「Team申」の第4回公演「抜け穴の会議室」今回は大杉連さんとの2人芝居です。

あらすじはこちらをご参考に。

仲村トオルさんとの時に見逃した私としては全く予習もしてなくって「どんな話なんだろう」と思っておりました。家に帰ってから前回の公演のあらすじをネットで調べてみますと今回のと登場人物の設定が違っただけでおおまかなストーリーは同じだったようですな。

基本のストーリーがあってそこから2人が出会った時にフラッシュバックしてのストーリーというのが展開していくので1つのお芝居の中で基本のストーリーとは別に4つのストーリーも楽しめてかなり「お得感」のある1時間半でした、演ってはる2人は大変なんでしょうが(笑)

こういう話って「決してあり得ない」であろうフィクションなんですけど、観終わってから亡くなっていったおじーちゃん、おばーちゃん、おばちゃんとかがこのストーリーのように言い争うんじゃなくって「あの頃はこうだったよね」とかって本当に話し合ってくれればいいなぁと、ふと思ってみたり。

最近のセコムのCMにキムタクと幽霊になったおじいちゃんがお話するってのがあるんですけど、これもあり得ない話なんだけど「ちょっと羨ましい」ような変な感覚におそわれたりします。
おじーちゃん、おばーちゃん、おばちゃんに報告したいことがいっぱいあるんだよなぁ。

決してあり得ない設定とか、いろんな時代を行ったり来たりするところとかがあったからでしょうか、何だかふわふわと浮遊感におそわれた舞台でした。


明日から妊娠8ヶ月に突入します。これで暫くは観劇&ライブは休憩かな、いつ復帰できるだろうか。果たして我慢できるんだろうか(爆)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック