TOKYO CATCH BALL CLUB in KOBE」と「MLB ROADSHOW」

野球三昧の1日でした。

画像




















まずは神戸メリケンパークで行われた「TOKYO CATCH BALL CLUB in KOBE」です。

雨が心配されたのですが時折晴れ間も見せるなかなかに暑い中行われました。

メインテーマがタイトルにもある「キャッチボールをしよう」です。なのでグラブとボールは無料で貸していただけます。

ゲストもなかなか豪華でこのクラブのキャプテンである古田選手、後阪神の下柳投手、ラグビーの大畑さん、始球式にめっちゃ出まくってるグラビアの稲村亜美ちゃん(だったかな)で、下柳投手と亜美ちゃんがちょうど私と息子がキャッチボールしてる隣で来場者とキャッチボールしてました。

見た目のイカつさとは反比例して下柳投手、「下さん」とお客さんからも呼ばれまくってめっちゃええ人でした。Wikipedediaによると184cm…そこまで「デカイ」という圧迫感はなかったけど、亜美ちゃんも一人一人にたくさん声かけしながらキャッチボールしてええ子でした(^^)

肝心の息子といえば… グローブすら持つのが初めての体験でしたが「ボールくらいは投げれるだろう」という淡い期待もそこそこに力入れて投げようとすると地面にボールを叩きつけるという… 体育会系母としては「本当にこの子大丈夫だろうか」と未就学児の息子のポテンシャルが心配になってきます(^^;;

コントロールももちろん定まらないので私の元に届く頃にはボテボテのゴロになってるボールを1時間半ほど拾っては投げをするんですが、何十年ぶりかにめっちゃサイドステップ踏んで帰路に着く頃には既にお尻と太ももに違和感バリバリでww

キャッチボールの後はサンプリングしてたオールフリーを「ぷはぁ」と飲んで(美味かった)少し遊んでストラックアウトへ、当然届かないので前の方に行かせてもらって投げるんですがこれまた…それでもなんとか9枚のうち4枚ほどは抜いてたのでホッと一安心

ここから神戸を離れて帰阪です。

画像





















「MLB ROADSHOW 2017 IN JAPAN」がグランフロントであったので閉場時間1時間前でしたが行ってきました。

メジャーのファンの方なら垂涎の品が展示してあったりしてたんですが、子連れの目的はいろんなイベント。

スピードガンチャレンジ、ちゃんとしたスピードガンで測ってくれます、息子は33Km/hだったかな、速いのか遅いのかは不明ですが。

後はティーバッティングとか的当てとか、偶然保育園のお友達に会ってからはひたすらベースランニング、ちゃんとタイムも測ってくれて塁間9フィート(27,431m)を6秒ほどで走っておりました、ちなみにお友達は5秒でした、悔しくて何度も走ったのが面白かったです。

こちらのゲストは桑田投手、なかなか近い距離で有名人見てホクホクしております(^^)大谷くんについてもリップサービス無く、真摯にご自身の意見を述べらてれることに好感が持てました。

閉場まで雨に当たることがほとんど無く今日1日過ごせて良かったです。体育会母(元バレーボーラー)としては「息子には何か球技をしてもらいたい」とい願いがあるので今後こういうイベントがあれば種目問わず参加して息子がどの競技に興味を持ってもらえるか見ていきたいと思っております。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック