2018/3/24 息子の卒園式

2018年3月24日いいお天気の中、無事5年半通った保育園を卒園することができました。(卒園式はしましたが3/30までは通いますが)

この日はいわゆる「学芸会」と一般的に呼ばれてる我が園では「音楽祭」と呼ばれるものも一緒に行います。

去年の音楽祭の時に毎年ご夫婦で演奏なさってる姿に感動して「来年こそ」と思い立ち年長さんに進級してからすぐにその思いを伝え約1年かけて年長さん父母でバンド組んでオープニングアクトとして出演も果たしました。

東京スカパラダイスオーケストラの「Paradise Has No Border」です、5月からそれまで全く触れたこともないベースを練習し始めなんとか舞台で披露することができました。

私たちの演奏に特別出演してくれた年長さんは本編でもほとんど出ずっぱり状態。それでもってなかなかのクオリティの出し物を披露してくれます。


画像







鍵盤ハーモニカももう堂に入ってます

画像








今回のお芝居は「水戸黄門」お芝居3年目ということもあり風車の弥七なかなか堂々の役者っぷりでした。

画像










年長さんだけで演奏したバケツドラムもかっこよかったです。途中「千手観音」したりひとつのエンターテイメントとしてとても楽しめました。

画像










いよいよ卒園式、去年の自分の様子だと当日目も当てられないくらい嗚咽して泣くんかなぁと思ってて「バスタオル持っていかないと足りないかもな」というまことしやかな話もしてたけど気が張ってるのかその場にいるのに実感がないのか観客席が引くほどの涙も見せずに終わりました。

画像











私が園長先生に懇願した「卒園式後の記念写真」全員の先生と撮るつもりだったんですが式でずらっと並んだいつの間にか増えた先生方の数の多さにびっくりして全員は断念しましたが、担任の先生と息子がちっちゃいクラスの頃からお世話になった先生と一緒に撮ることができました。

2012年10月1日から転園することなくこちらの保育園にお世話になりました。「自由人」の息子を暖かく見守り続けてくださって今ではすっかり園のお兄ちゃんとしてしっかりしてきてくれました。
卒園式の時の園長先生のお話じゃないけど「一度繋がった縁」保育園とのこのご縁を大切にしつつ、新しいご縁もワクワクしながら楽しみに過ごそうと思っております。

こんな駄ブログ程度では全然言葉が足りませんが、たくさんの「ありがとう」を送ります。5年半、息子を愛してくださってありがとうございました。この園で過ごすことができて本当に良かったです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック