G20で学校がお休みになったので沖縄旅行

2019年6月27日と28日、学期中のど平日に「G20が大阪で行われるため大阪市内の小学校は学童も含めて休校」という措置が昨年度末辺りにガッツリ発表されてたので「このチャンスは逃すまい!」と「ひたすら安く」で飛行機予約してホテル予約して行ってきました沖縄!!今回は本島、しかも那覇市内は全くスルーして中部辺りに行ってまいりました

IMG_9059.jpg

お父ちゃんの仕事の関係で27日乗る飛行機は15時発、しかし家でTwitterとかを眺めてたら「伊丹空港の警備が半端ない」の書き込みがあったので「警備で乗り遅れるとかあってはいけない」と思い出発の3時間前に空港に到着、しかしながらこの時間帯、旅行の第1波が去った後だったのか空港の建物に入る前の荷物チェックもガラッガラwww しかも子連れだからか割と緩めにすんなり通してくれました。さぁ、時間余ったぞ。

IMG_9061.jpg

手荷物預ける際に見た掲示板、大阪は雨ザーザーでしたが沖縄は現在晴れ!!期待に胸膨らみます。

IMG_9062.jpg

IMG_9064.jpg

とりあえず「お店に食べるものがなかった困る!」とばかりにおにぎり持参してたんでロビーでお腹を満たしたら… そりゃ入るよね、見つけたらww しばら〜〜〜く物色してたけど「嵩張る、お値段もそこそこする」ということで何とかガチャで手を打ちました

IMG_9073.jpg

IMG_9072.jpg

トランプ大統領来日前の時刻だったので空港も全くザワつくことなく待たされることもなく、雨もかなり降ってましたが定刻通りに出発とあいなりました。

IMG_9077.jpg

IMG_9081.jpg

IMG_9082.jpg

座った即睡眠態勢に入った息子、乗り物酔いしやすい子なだけにこの特性はめっちゃ助かります。

IMG_9087.jpg

定刻通りに到着、私たちが沖縄に到着した頃に伊丹はえらいことになってたのか「伊丹行きの便に管制から出発に合図が出ません」みたいな放送が流れてました。

IMG_9088.jpg

IMG_9089.jpg

今回の旅の友、しかしここにたどり着くまでに沖縄到着から1時間半、予定してた目的地を早々に断念、しかも雨も降ってきたよ

IMG_9090.jpg

しかしながらなんとか夕焼けだけは車窓よりゲット。

IMG_9095.jpg

IMG_9097.jpg

結局どこにも立ち寄ることもできずにホテル直行でチェックインしてやっと晩御飯。息子沖縄に来ながらも安定の「ポテトフライ&白ご飯」私たちはせめて、とばかりに沖縄の風情を感じる料理を。じーまみー豆腐うんまい(息子には絶対食べさせられないww)
1日目はこれにて終了、翌日は朝からこの旅のメインイベントがありますから早々に寝ます。

IMG_9277.jpg

IMG_9284.jpg

IMG_9279.jpg

IMG_9281.jpg

朝は薄曇りでしたがメインイベントの前にホテルのプライベートビーチをちょいと散策。

HESO7315.jpg

TGIY9611.jpg

BKFA1001.jpg

ORRB1924.jpg

NPAE5279.jpg

この旅のメインイベントと言ってもいい「青の洞窟へダイビング」です。真栄田岬でボンベ背負ってダイビングです。8歳からダイビング可能だそうで「これはやっとかんと!」と意気揚々と申し込んでいざ…

息子とお父ちゃんは去年奄美大島でシュノーリングをしてたのでちょっと要領がつかめてたのかスイスイと進んでいきます。問題はこの私、母さんです。説明も受け、口呼吸の練習も船上で行い、いざ海にダイビングしたら水の予想以上の冷たさと水圧、深さにすっかり怯んでしまいパニックを起こすわ、水アホほど飲むわ、口呼吸もできないという体たらく。はっきり言って「水を舐めてました、ごめんなさい」です。生まれてこの方47年(お誕生日前なので47歳)シュノーケリングすらやったこともなく、はっきり言って授業の水泳も憂鬱だった若かりし頃、今にして思えば「どうして『できる』と思ったんだオマエは」と自問自答したくなります。でもまぁ、なんとか水面を這うようにしながら(もはやダイビングではない)息子とお父ちゃんをかなり上の方から羨ましく眺めながらも青の洞窟には入れていただき完全に奥までは行けなかったものの(ごめんよ、息子)2/3地点までは到着できて洞窟をくるっと見回すことはできました(その後はラッコのような状態でガイドさんに外に連れ出されるという)悔しいなぁ、悔しいなぁ、8歳の息子の足を母が引っ張ってしまったことが本当に申し訳なく悔しい。自分もうちょっとできる子と思ってただけになぁ(ぶつぶつぶつぶつ…)

IMG_9126.jpg

IMG_9133.jpg

IMG_9550.jpg

IMG_9128.jpg

IMG_9551.jpg

IMG_9132.jpg

IMG_9134.jpg

ほろ苦いダイビングデビューを終え、傷心の母と共に昼食へ。ホテル近所のとってもファンシーなお店。1000円ほどのランチでこのボリューム、界隈のお店の感覚で料理頼んだらお腹バンバンに膨れちゃう。ランチもお腹いっぱいになりました。息子は安定のカレーライス。美味しかったようですが辛かったようです(そりゃ普段ピカチュウカレーとか食べてりゃあねぇ)

お店の前に置いてあったお野菜も「持って帰っていいよ〜」だったらしいですが、まだもう1日滞在がありましたので断念

IMG_9555.jpg

IMG_9142.jpg

IMG_9145.jpg

IMG_9553.jpg

ホテルの部屋に戻りちょっと休憩をし(息子だけ元気、傷心の母ぐったり)次の出発の予定まで少しホテルのプライベートビーチで遊ぶことにしました。

人、少なっっっ!!みんなどこ行ってるんや??ってくらい人が居ません、ここでは色々アクティビティもできるのですがお店の方々も暇そうです。まぁ確かにお天気もそこまでピーカンじゃないし、水温もちょっと昼過ぎにして低めだし。でもとりあえず「砂風呂」だけはやっとけ、と傷心の母さん(まだ引きずる)もテンションあげて砂風呂やっときましたwwIMG_9289.jpgIMG_9291.jpgIMG_9310.jpgIMG_9297.jpgIMG_9298.jpgIMG_9317.jpgIMG_9316.jpgIMG_9320.jpg

ホテルから一番行きやすい場所にある鍾乳洞(ガマ)「ヌチシヌジガマ」へ、中は結構ひんやりとしてて昨日の雨のせいもあるのかなぁ、よくわかんないけど水が上からてんてんと降ってきてました。入り口から出口までなかなかの勾配を登ってたようですがいろんな鍾乳洞に3人とも「へぇ〜」とか感心しきり。海以外、沖縄料理以外のまた違った視点から見る沖縄、良かったです。

IMG_9330.jpgIMG_9334.jpgIMG_9336.jpgIMG_9346.jpgIMG_9343.jpgIMG_9345.jpg

本当は1日目の旅程に組んでた「古宇利島」です。お天気さえ良ければ(ちょっとパラパラと降ってました)絶景がカメラに収められたのですがでもキレイでした。「せっかくなので」と「古宇利オーシャンタワー」に登って一番いい場所からも景色を拝んでおきました。

kourihashi-image2.jpg
↑絶景ならこんな感じだったのかなぁ(ちょっとはお直し入ってるのかしら)

夕焼けはホテル近くの万座毛にしようと予定を立ててたのですが「どうしても(嵐のファンじゃないけど)行きたい!」と懇願してタワーを下りてティーヌ浜まで走っていただきました。

IMG_9365.jpgIMG_9156.jpgIMG_9368.jpgIMG_9412.jpgIMG_9389.jpgIMG_9398.jpg

ハートロックです。嵐のJALのCM撮影場所になってたそうです。最初は「水着じゃないんだから濡らすんじゃないよ!」という母の圧に押されてしずしずと足をつけてる程度だった息子が同じく大阪市からG20休みで沖縄からやってきてた他区の小2男子と出会ってから「タガ」が外れましてあれよあれよと言う間に… S君ごめんね、完全に息子の巻き添えを食って一緒にビシャビシャになっちゃったねww

そうこうしてたらお天気も回復してきてなんとも美しい夕景が。もはや万座毛も捨ててこちらで日没を迎えました。いやぁ〜〜、キレイだったわ〜、日没まで何回シャッター切っただろうか。

IMG_9165.jpgIMG_9168.jpgIMG_9171.jpgIMG_9170.jpgIMG_9169.jpgIMG_9166.jpg

古宇利島からホテルまでは1時間超、本島なかなか予想よりデカくて移動距離半端ないです。やっとの事でホテル近くまで帰ってきて食事。いろんな沖縄料理が食べたいと定食スタイルにしたらこれまたボリューム満点。まだもう少し運転が残ってるお父ちゃんはノンアルビール(オリオンには拘った)息子はお子様定食ww ソーキそばなら食べるかなぁと頼んだけどお椀1杯で「もういい」と、グルクンの天ぷらやらいろいろ頼んでた母さんとお父ちゃんでフーフー言いながら美味しく頂きましたよ。

昨日の食事でもそうなんだけど、自分たちがG20休みで沖縄に来てるからそう思うのかわかんないけど、同類の大阪弁をやたら耳にしたような気がしますww 仕事に都合さえつけばやっぱり誰もが思うことは同じなのねww

翌日は少しのんびりめに起きてお世話になったホテルにお礼を言い

IMG_9172.jpg

いざ瀬底島へ。この日はめっちゃいい天気でした。

IMG_9176.jpgIMG_9183.jpgIMG_9189.jpgIMG_9188.jpgIMG_9201.jpgIMG_9220.jpgIMG_9193.jpgIMG_9222.jpg

遊泳区域はめっちゃ狭くてビックリしたんだけど「お客様の安全と環境の保全のために」と放送されてた意味が本当よく分かります。ビックリするほどの透明度よ!!!遊泳区域の一番深いところでも(干潮時でもあったんだけど)大人の腰の高さくらいかなぁ、そんなとこでをシュノーケルでちょっと潜っただけでキレイな魚たちが自分のすぐ近くを泳いでるという!!

この為に買ったと言っていいスマホの防水ケースで写真を撮ったんだけどあまり上手く撮れなくて、水中撮影なかなか難しい。売店に防水の使い捨てカメラが2000円ほどであったから思い切って買ったら良かったかなぁ。

7000円ほどで買った「GoProもどき」も大いに出動させ、息子にも撮影していただき。次の予定があったので泣く泣く、本当後ろ髪引かれる思いでこちらを後にしました。ここの浅瀬で母シュノーケルやりましたが「できるやん!口呼吸できるやん!ダイビングする前に一度練習しとけば良かったよ!」と大反省したのは言うまでもありません。めっちゃ海キレかった〜〜、息子が「まだまだ泳ぎたい!」と言う意味がわかるわ

IMG_9227.jpgIMG_9419.jpgIMG_9428.jpgIMG_9229.jpgIMG_9433.jpgIMG_9437.jpgIMG_9439.jpg

やっぱり入っとかないと、ということで「美ら海水族館」へ。土曜日ということもあるのか、ものすごい人!!しかも「ここは日本なのでしょうか?」と問いたくなるくらい中国人の多いことったら(これの前に行った瀬底島もめっちゃ中国人多かった)

息子に美ら海のウリである大水槽に感動してもらおうと思ったのに予想外に反応イマイチで大水槽の横にあったサメの標本とか置いてる部屋の方が一生懸命見てるという(苦笑)いや、いいんだよ、あなたに「折角」という言葉はNGですからww

IMG_9239.jpg

一旦水族館を出て瀬底橋のたもとにあるイオン(笑)へ、「会社員のたしなみ」お土産購入です。次の第2のメインイベントまで時間が迫ってるだけに20分ほどでちんすこうの鬼買い(まさかこの鬼買いがwww)

いいお天気だけに瀬底橋、めっちゃきれかったです。

IMG_9244.jpgIMG_9246.jpgIMG_9248.jpgIMG_9249.jpgIMG_9456.jpgIMG_9458.jpgIMG_9459.jpgIMG_9461.jpgIMG_9463.jpgIMG_9468.jpgIMG_9480.jpgIMG_9483.jpgIMG_9487.jpgIMG_9488.jpgIMG_9509.jpgIMG_9498.jpgIMG_9515.jpgIMG_9536.jpg

大慌てで海洋博公園にたどり着き事前にハガキで応募してて見事に当選した「ウミガメの放流会」に参加です。

最初に係の方の説明を聞き(大人の私でもタメになる講座できた)普段通ることにできないバックヤードを通らせていただき、タグのついたウミガメちゃんを放流です、タグの控えはいただいてるので何年?何十年?かして帰ってきてくれたらわかるようになってます。

なかなかウミガメの赤ちゃん触れる機会も無かったので参加できて良かったです、元気に大きくなるんだよ〜〜!!

それが終わってダッシュで(本当に下手したら私と息子だけを先に空港で下ろして手続きしてレンタカー返すお父ちゃんが間に合わなかったら沖縄もう1泊か!?というくらい切羽詰ったものでしたww)まぁなんとかそれは免れて全員揃って空港にたどり着きPeachの最終便へ…

手荷物預け、まさかの2Kgオーバー、ここで鬼買いした会社員のたしなみのちんすこうにやられるとは夢にも思わず、だからと言ってもはやスーツケースからそれを取り出すという気力ももはや失われてたので渋々1500円お支払いということになりました(高いちんすこうになっちゃったよ)

実は朝食べてから時間に押されまくってほとんど何も食べてない状態で空港にたどり着き、「さぁ食事!」と思ったら全てのお店が店じまい状態でお弁当すらない状態。売店でなんとか食べられそうな物を買って持ち込むというバタバタっぷり(息子、じゃがりこ2箱、母、サータアンダギー、父、ビールと魚肉ソーセージ)良かったのか悪かったのか今回の旅行、バタバタ過ぎて恐ろしいほど食費がかかっていない(爆)朝食もコンビニのパンを部屋食という(爆)

IMG_9253.jpgIMG_9255.jpg
IMG_9271.jpgIMG_9263.jpgIMG_9266.jpgIMG_9265.jpgIMG_9267.jpgIMG_9260.jpgIMG_9268.jpgIMG_9270.jpgIMG_9595.jpg

最後は疲弊のポーズ、ここから南海→地下鉄と頑張って帰宅は午前様でした(翌日から2日間、お父ちゃんは発熱に苦しむことになります)

もっとゆったりとした旅行をしたいんだけど、私プレゼンツになるとどーしても詰めっ詰めにしたくなっちゃってどえらいことになります、こんな旅行に元気に付き合ってくれる(もはや慣らされてる?)息子よありがとうww

ちょっと海の楽しさにも目覚めたので次回はゆっくりと泳ぐ時間を設けて沖縄に行きたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント